Mon-3-00
 今月のMonthly Shoe Scapeも無事終わりました。
 今回の作業工程イラストは「ウィール」についてでしたので
 会場にはウィールを持っていきました。
 画像はうちの工房で使っている中では
 最も粗い目の「8」と最も細かい「13」です。
 この番号は何かというと
 糸目のピッチのガイドとなる道具で
 数字が大きい方がより細かい目になります。
 目が細かいウィールは底を縫い合わせる糸目が細かく、
 華奢な靴を表現するのに使い、
 粗いウィールは糸目の大きい
 カジュアルな靴を表現するのに使います。
 うちの工房では8〜13のウィールを使い分けて
 それぞれの靴の雰囲気に合わせて表現しています。
Mon-3-02
Mon-3-04
 Monthly Shoe Scapeの「のぼり」を作りました。
 第2土曜日にこの「のぼり」を見かけたら
 ふらっと寄ってみてくださいね☆
 さっそく「のぼり」を見て
 居るんだなぁと分かりやすくて寄った
 と言ってくださるお客さんもいました☆
Mon-3-05
 そんな「のぼり」につられてか
 Monthly Shoe Scapeにも、工房にも
 よく来ていただいていますH様が
 差し入れを持って来てくれました☆
 すごくお洒落なポッキーです☆
Mon-3-06
Mon-3-07
 個人的にデザインが気に入って、
 思わず写真を撮り、みなさんに宣伝です☆
 「Baton d'or」と響きもよく、
 スペインサッカーのクラブチームにあっても
 おかしくない格好いい名前です。
 って言っていたら
 フランス語で「黄金のスティック」という意味でした(笑)
Mon-3-01
 さて今回のBGMはLily Chou-Chouの「呼吸」です。
 この作品は岩井俊二監督の「リリィシュシュのすべて」
 のサントラみたいなものです。
 映画のサントラは別に作られていますがね…。
 映画の中の歌姫、リリィ名義の作品です。
 この1枚は僕がこれまでで一番聴いた作品かもしれません。
 学生のときから
 この作品を聴きながら何枚もの絵を描いてきました。
 何か感性を刺激してくれる、
 モノを創るときに欠かせない1枚です。
 よろしければ聴いてみてください。
Mon-3-03
 Next Monthly Shoe Scape !!
 →【Monthly Shoe Scape 2013.4.13】11:00〜18:00
 ※毎月第2土曜日です。
 【場所】桔梗商店
 〒604-8082 京都市中京区弁天町59-1

Mon-ss-2.9
Mon-2-02
 2月のMonthly Shoe Scapeも無事終わりました。
 2013年に入ってから
 靴の作業工程のイラストとともに
 その月のイラストで紹介されている道具も
 展示しています。
 もちろん革製品のメンテナンスについての
 相談も承っておりますので
 お気軽に遊びにいらしてください。
Mon-2-03
 今月は「面ヤスリ」という道具について紹介しました。
 踵まわりをきれいに整えるのに欠かせない道具です。
Mon-2-04
 さて、今回のBGMは
 「ニュー・シネマ・パラダイス」のサントラ。
 「ニュー・シネマ・パラダイス」は
 1989年公開のイタリア映画です。
 映画の内容も好きだったのですが、
 その音楽がすごく気に入って昔に買ったサントラCD。
 ずっとレコードで探していて、
 友人とレコード屋を探し歩いたんですが見つからず、
 あきらめてCDで買った思い出の一枚。
 またそのうち、レコード屋で偶然出会うのを楽しみに。
Mon-2-01
 Next Monthly Shoe Scape !!
 →【Monthly Shoe Scape 2013.3.9】11:00〜18:00
 ※毎月第2土曜日です。
 【場所】桔梗商店
 〒604-8082 京都市中京区弁天町59-1

Mon-1
 2013年最初のMonthly Shoe Scape、
 無事終わりました。
 今回のBGMはビートルズの「アンソロジー 1」にしました。
beatles-01
 僕が中学3年生のとき発売されて、
 初めて買ったビートルズのCD。
 今回もジャズでいこうと思っていたのですが
 ふと「アンソロジー 1」を手に取って
 中学生時代が懐かしくなりこの一枚を選びました。
 ビートルズ自体は中学校1年生の頃に
 家にあった親のレコードをひっぱりだして
 聴きはじめたのが最初でした。
 初めて聴いたのがこの「MEET THE BEATLES !」。
 それから「HELP!」や「サージェント・ペパーズ」など
 ビートルズを聴くきっかけになったのを覚えています。
 いつの時代になってもビートルズは色あせない。
 そんな風に再認識しながら革を磨き続けました☆
 そして僕も色あせない記憶として
 人の心に残る制作をしていきたいと思います。
beatles-02
 Next Monthly Shoe Scape !!
 →【Monthly Shoe Scape 2013.2.9】11:00〜18:00
 ※毎月第2土曜日です。
 【場所】桔梗商店
 〒604-8082 京都市中京区弁天町59-1
 

 さて、毎年恒例、
 私、萩原が正月早々レコード屋にて
 DIGしてきたレコードを紹介する
 「今年の一枚」です☆
 今年はどんなレコードに巡り会えるだろうか?
 毎年のことではあるが
 正月のレコード屋巡りは楽しい。
 
 今年の1軒目は「workshop」。
 以前から目をつけていたレコードがあったので
 まだあるかなぁと思いながら、
 いそいそと階段を上る。
 あれ?店が開いていない…。
 壁に貼られている営業スケジュールをみると
 前日から営業しているはずなのだが。。
 残念ながら店は開いていなかったので
 次へ向かうことにした。

 2軒目は毎年お馴染みの「HOT LINE」へ。
 京都で一番愛用しているレコード屋さん。
 やはり一番落ち着きます。
 そして今年もいいレコードに巡り会いました。
 欲しいものが何点かあって迷いましたが
 決定!
 今年の一枚は我が敬愛する
 ジョン・コルトレーンの作品「COLTRANOLOGY VOL.1」。
2013.record
 この作品にはこれまでのコルトレーングループに加え、
 1961年にエリック・ドルフィーを迎えいれ、
 11月にストックホルムで録音されたものだ。
 ドルフィーは結局1年程でコルトレーングループから退団し
 別の道を辿るのだが。
 コルトレーンとドルフィーが大好きな僕としては
 この作品に新年早々に出会えて
 とてもうれしいことでした。
 この作品には
 「MY FAVORITE THINGS」
 「BLUE TRAIN」
 「NAIMA」
 「INPRESSIONS」
 とコルトレーンがよく演奏する曲目が録音されているが、
 ドルフィーが加わることによって
 新たな魅力を生み出しているように感じる。
 特に「INPRESSIONS」ではドルフィーが
 のびのびと演奏しているように感じて、
 コルトレーンとドルフィーの共演を楽しむことができて
 個人的には一番好きだった。

 さて、今年はおみくじが大吉でした☆
 そして今年の一枚のレコードもよいものが見つかり、
 いい一年になるのでは?とプラス思考に行きます!
 それでは、みなさん今年もよい一年にしましょう☆

年賀2013
 新年明けましておめでとうございます。
 昨年もShoe Scapeの活動を
 暖かく見守っていただきましてありがとうございました。
 展示会「桔革展」や定期イベント「Monthly Shoe Scape
 を開催しました。
 また、新規ホームページの立ち上げ、
 などの新作が誕生した年でもありました。
 次の展示会へ向けて、
 また新たな作品のデザインを描きはじめています。
 少し時間はかかりそうですが
 楽しみにお待ちいただけるとうれしく思います。
 それでは、今年もどうぞよろしくお願い致します。
 
 Shoe Scape 萩原


Calendar

S M T W T F S
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031     
<< August 2020 >>

ハンドメイド

Archive

Mobile

qrcode

Selected Entry

Comment

Link

Profile

Search

Other

Powered

無料ブログ作成サービス JUGEM