11月のMonthly Shoe Scapeも無事終わりました。

もうずいぶん冷えこみますね。

朝夕は自転車やと手袋着けるようになりました。

今回は友人がふらりと寄ってくれたので、

革ジャンの気になる汚れをメンテナンスしました☆

Monthly Shoe Scapeは月に一度、

桔梗商店さんで催している「革製品の出張相談所」です。

革製品の手入れや修理、

ふと感じるわからないことなど

気軽に相談にいらしてくださいね。

さて、今月の一枚はエリック・ドルフィーで「FAR CRY」。

毎月一枚紹介してるけど興味ある人いるんやろか?…って思います(笑)

まあそれはおいといて、

僕にとってドルフィーは

コルトレーンとならんで大好きなミュージシャンです。

この「FAR CRY」は1960年12月21日のレコーディングなので

ドルフィーの初期のリーダー作品になります。

(※初リーダー作品は1960年4月1日)

ドルフィーの盟友、

ブッカー・リトルとの掛け合いが素晴らしい。

ご存知のとおり、

1961年7月16日、ファイブ・スポットでのライブの後、

10月5日にブッカー・リトルは亡くなってしまうのだが…。

フルートでの

「LEFT ALONE」は個人的に特におすすめ。

来月の一枚もお楽しみに☆

 

Next Monthly Shoe Scape !!

→【Monthly Shoe Scape 2018.12.22】11:00〜18:00

【場所】桔梗商店

〒604-8082 京都市中京区弁慶石町59-1

僕には師匠がふたりいます。

東京を離れて、もう時が流れましたが、

正月には必ずふたりの師匠に電話で新年の挨拶をするし、

僕にとってはいまも大切なふたりの師匠です。

そのうちの一人の師匠、多賀さんから電話がかかってきました。

10月28日、南座のお披露目のお練りを観に行ってたとき、

お練りがちょうど始まるかというときでした(笑)

おお、またすごいタイミングやなぁ(笑)

と思いながら急いで電話に出ると、

製甲(靴の甲を覆う部分の縫製)をやってほしいということでした。

靴作りは分業制が主流で、主に

木型を作る職人、型紙を裁つ職人、製甲職人、底付け職人に分類されます。

多賀さんは底付け職人だったので製甲は製甲職人に依頼していました。

当時、僕は多賀さんから底付けを教わっていて、

頼まれて製甲をしたりしていました。

もう十年以上前になるけど、多賀さんが引退する最後の靴の製甲をやって以来、

久しぶりに多賀さんから製甲の依頼がきました。

もう引退してはるんですけどね、やはり根っからの職人ですから

たまに作りたくなるそうです。

今自分が作っている靴とは型紙も製甲の仕様も違うところがあるので、

ああ、前やったときの型やなぁとか当時を思い返しながら、

なにやら懐かしい気持ちで作業していました。

つい最近、

「届いたよ、製甲、いいんじゃないの。」

って電話がかかってきてほっとしました。

東京行ったときに、底付けされた靴を観るのが楽しみです。

あ、始まるまでに電話終って、南座のお練り、ちゃんと観れましたよ☆
豪華なお練りを観れて、いい記念になりました。

11月に入りましたね。

今年もやります!紅葉フェア!

この季節限定で、

紅葉バージョンの靴べらキーホルダー【Nasu】をオーダーいただけます。

ブラック、ダークブラウン、ライトブラウン、レッドの中からお好みの2色を選んで、

ヘタ部分と本体に組み合わせることができる、期間限定のフェアです。

(※11月1日から30日まで)

木々が色付きつつあるこの機会に、

靴べらキーホルダー【Nasu】を秋の装いにしてみてはいかがでしょうか?

お問い合わせはオンラインショップより

10月のMonthly Shoe Scapeも無事に終わりました。

菊花賞は…外れました!

今年の菊花賞は難しかったですね。

まさかキャリア4戦目のフィエールマンが菊花賞を取るとは思えず、

切ってしまいました。

騎手の力も大きいですね。

ルメールが乗る馬を切ったらあかんと、

再認識しました(笑)

武さんの3着もさすがでした。

Monthly Shoe Scapeは月に一度、

桔梗商店さんで催している「革製品の出張相談所」です。

革製品の手入れや修理、

ふと感じるわからないことなど

気軽に相談にいらしてください。

さて、今月の一枚は憂歌団の「生聞59分」。

「マディ・ジャンプス・ワン」から始まるライブ音源。

「イフ・アイ・ディドゥント・ラブ・ユー」での

木村さんの歌声、最高にかっこいいです。

聴いてると酒が飲みたくなります(笑)

「俺の村では俺も人気者」

「おそうじオバチャン」

では盛り上がりをみせ、

「嫌んなった」

ではしっとり聴かせてくれます。

ブルース聴きながらゆったり過ごすのもいいですよ☆

来月の一枚もお楽しみに☆
Next Monthly Shoe Scape !!
→【Monthly Shoe Scape 2018.11.24】11:00〜18:00
【場所】桔梗商店
〒604-8082 京都市中京区弁慶石町59-1

市松模様の鼻緒です。

今回は青と黄の市松模様でのご依頼でした。

これがどんな土台に挿げられるのか楽しみです☆

そのうち「ヽや」さんに並んでいると思うので

お求めの方はぜひ「ヽや」さんへ!


Calendar

S M T W T F S
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031 
<< May 2019 >>

ハンドメイド

Archive

Mobile

qrcode

Selected Entry

Comment

Link

Profile

Search

Other

Powered

無料ブログ作成サービス JUGEM