7月のMonthly Shoe Scapeも無事終りました。

尋常じゃない暑さが続いている京都です。

バテないように気をつけないとね。

少しずつは慣れてきましたが、

日中の直射日光は危険なレベルなので

できるだけ避けましょう。

24日の還幸祭、28日の神輿洗いと

祇園祭もまだ続くので

しっかり体調管理をしないといけないですね。

さて、今月の一枚はジョー・ファレルの「MOON GERMS」です。

ファレルの目玉のジャケットは僕の知る限りだと

これと「Canned Funk」になります。

ジャケットがパンチがあって、かっこいいですよね。

音も最高にファンキーで、

暑さを忘れさせてくれると思い選びました。

初めて聴いたとき「GREAT GORGE」のベースに

心を捉まれたのを覚えています。

ピアノのハンコックがまたいい味を出していると思う。

僕がファレルにはまったのは

このレコードからだった気がする。

来月の一枚もお楽しみに☆

 

Next Monthly Shoe Scape !!

→【Monthly Shoe Scape 2018.8.18】11:00〜18:00

【場所】桔梗商店

〒604-8082 京都市中京区弁慶石町59-1

祇園祭が始まりましたね☆

今年も演奏します!

 

15日(日) 宵宮祭 18時〜20時45分頃まで

八坂神社石段下 漢字ミュージアム前ステージにて

※19時30分頃からと20時30分頃からの2回演奏

八坂神社石段下から南座まで往復、四条通り練り歩き

※18時頃から随時

 

16日(月) 龍池ゆかた祭 18時〜19時頃まで

烏丸御池 マンガミュージアムにて

※18時10分から練り歩き

押小路室町から御池通を経由してマンガミュージアムまで

※18時40分から19時頃までステージ演奏

 

24日(火) 還幸祭 18時頃

三条会商店街のSEIYUの斜め向かいあたり

※神輿のお迎えと神輿が出発するまでの間演奏

 

28日(土) 神輿洗い提灯行列 21時頃

八坂神社から祇園町を提灯とともに練り歩き

 

タイミングが合えばぜひ遊びにいらしてくださいね。

 

 

 

 

 

財布がメンテナンスのため里帰りしてきました。

油分をしっかり含んだ革なので

使い込まれていい味が出てきています。

大切に使ってくれてありがとうございます。

革の汚れを落として、しっかり栄養補給。

コバを整え直すと輪郭が際立ち、
また丈夫に使えますよ。
自分の使っている財布は毎月に一回、必ず磨くようにしています。
ときどき革に栄養を与えて、
状態を整えておいてやると綺麗に、長く大切に使えますよ☆

 

6月のMonthly Shoe Scapeも無事終りました。

雨降りでのゆったりとした一日だったので

オーナーの高谷さんとW杯の話で盛り上がっていました(笑)

もうあと1週間で祇園祭ですね。

暑い夏が、熱い祭が始まる。

この季節になるとワクワクします。

今年の祇園祭も笛で完全燃焼したいと思います。

Monthly Shoe Scapeは月に一度、

桔梗商店さんで催している「革製品の出張相談所」です。

革製品の手入れや修理、

ふと感じるわからないことなど

気軽に相談にいらしてくださいね。

さて、今月の一枚はジミ・ヘンドリックスの「HENDRIX IN THE WEST」です。

1970年の8月にワイト島で行われたフェスティバルでのライブ、

コミュニティセンターで行われたライブが収録されています。

誰もが知る名曲、「JOHNNY B. GOODE,」

から始まるライブはいきなりの盛り上がりをみせてくれる。

チャックベリーの「JOHNNY B. GOODE,」はもちろん大好きだが、

ジミが歌うとまた違う魅力がある。

もちろん演奏はジミらしさ満開だ。

ビートルズの「SERGENT PEPPER'S LONELY HEARTS CLUB BAND」

もカバーしていて、

これがまたかっこいいのだ。(演奏時間は短いが…)

「LITTLE WING」や「VOODO CHILE」など

ジミのお馴染みの曲も演奏しており、おすすめの一枚です。

来月の一枚もお楽しみに☆

 

Next Monthly Shoe Scape !!

→【Monthly Shoe Scape 2018.7.21】11:00〜18:00

【場所】桔梗商店

〒604-8082 京都市中京区弁慶石町59-1

滋賀県立大学の生活デザイン科で講義をする機会をいただきました。

昨年に続いて2回目、講義の準備に少しだけ慣れたかな。

オーダー靴や革製品を制作する仕事についてスライドで説明したり、

吊り込みの実演をしながら道具について、

作業の意味について話したりしました。

今年は学生さんの参加型にして

一枚の革の中での部位や繊維方向、

パーツを切り出す型入れの方法など

クイズ形式で説明しました。

僕は教員ではなく制作現場の人間なので、

できるだけ作り手としての仕事を見せて、

感じてもらうのがいいかなと思いました。

印南先生、助手の角さん、印南研究室ゼミ生の冨さん

今年もお世話になりましてありがとうございました。

母校に関われることはすごくうれしいことだなぁと実感しています。


Calendar

S M T W T F S
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30      
<< September 2018 >>

ハンドメイド

blogram

ブログランキングならblogram

Archive

Mobile

qrcode

Selected Entry

Comment

Link

Profile

Search

Other

Powered

無料ブログ作成サービス JUGEM