a.k-01
 『京都府 A.K様の靴』

 今回の靴はShoe Scapeとしては初めての
 レディースシューズです。
 もう長い付き合いになる同志から靴を作って欲しい
 と頼まれました。
 いままでメンズシューズしか受けていなかったので
 どうしようかと、正直迷いました。
 でもうれしいものですよ、市場に靴は山ほどあるのに
 わざわざ私に靴を依頼してくれたのだから。
 その気持ちに全力で応えたいと思いました。
 
 レディースはベースラストも作っていなかったので
 Shoe Scapeのレディースとしてのベースラスト作製、
 というところから始めていきました。
 本当にいちからのスタート。
 時間をかけて制作を進めていきました。a.k-02
 A.K様は建築時代からの付き合いです。
 大学は違うのですがある建築の活動で知り合い、
 なにかと建築について議論し合う仲でした。
 A.K様は大学卒業後、建築事務所で仕事をされているので、
 手がけられている設計プランの話を聞かせてもらえるのは
 会うときの楽しみのひとつです。
 靴作りを仕事にしている今も、建築を見ること、
 話を聞くことも大好きなんです。
a.k-03
 そんなA.K様からの依頼は仕事の打ち合わせで履く靴。
 かっちりしているがどこか
 かわいらしさが欲しいということでした。
 内羽根のスタイルをベースに
 トップラインに衿をつけて少しかしこまった印象。
 羽を連想させるようなゆるやかな曲線を
 衿の形状に取り入れ、柔らかい印象、
 どこか動物っぽいかわいらしさを演出しました。

 A.K様の足は関節が大変柔らかく、
 変形しやすいという特徴がありました。
 ストレスなく美しいフォルムを出すために
 どのくらい足を絞れるかということが課題でした。
 仮フィッティングを通して
 そのラインを慎重に見極め、木型を制作しました。
a.k-04
 今回は自転車で鴨川を北へ上っていきながら撮影。
 少し落ち着きはじめた丸太町辺りから鴨川を上っていきます。
 川辺で読書する人、ランニングをする人、
 それぞれが思い思いの時間を過ごしています。
 出町柳付近ではよく学生さんがバーベキュー
 をしたりしていて、また少し賑やかに。
 出町柳からは加茂川と高野川に分かれます。
 私は叡山電鉄(通称:叡電)と並んで流れる高野川
 を上っていきました。
 この辺りまでくると川も風景も落ち着いてきます。
 北山辺りは少し裏に入ると田圃もあり、
 心が癒されます。
 賑やかな町も、のどかな田舎も、
 少し動けばどちらの風景にも出会える。
 京都はコンパクトにできた住みやすいところです。
 四季も豊かで、モノ作りをするのに本当にいい環境です。
a.k-05
a.k-06
 レディースなので、できるだけ華奢なコバに(ヤハズコバ)
a.k-07
a.k-09
 今回の撮影では北山で靴を撮りたいと思っていた。
 建築を始めた頃、北山に建築巡りに行ったことがあった。
 高松伸さん、安藤忠雄さん、シーラカンス、
 名建築家が設計した建築が、
 当時、ずらりと北山通りに並んでいた。
 私はスケッチブックを片手に、
 北山へ自転車を走らせたものだった。
 A.K様と会っていたのもたいてい北山付近だったので、
 この靴と共に、あの頃の北山の建築を巡ろうと思った。
 
 凛とした表情で変わらぬ存在感を醸し出す建築。
 もう無くなってしまった建築や、
 空き店舗になってしまった商店建築。
 当時の懐かしい記憶と少しのさみしさと共に、
 誰もいなくなった階段で撮影をする。 
a.k-10
 初めて北山へ建築巡りに来てから
 もう10年以上の時が流れた。
 このあたりの様子は少しずつ変わっているけど
 自分の原点とも言える場所と再会し、
 あのときの情熱を思い出すことができた。
 あの頃は靴職人になるとは思ってなかったなぁ。
 靴と共にこの場所へ来ることで
 いまの自分を報告できたような
 そんな気がした。
 またいつの日か、この場所へ来ようと思う。
a.k-11

Comment





   
この記事のトラックバックURL : トラックバック機能は終了しました。

Calendar

S M T W T F S
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31      
<< May 2020 >>

ハンドメイド

Archive

Mobile

qrcode

Selected Entry

Comment

Link

Profile

Search

Other

Powered

無料ブログ作成サービス JUGEM