今回の特注品は「扇入れ」です。

狂言師の茂山忠三郎様からご依頼いただきました。

三本の扇を収納できるケースを制作したいということでした。

以前、二本の扇を入れる扇箱を制作したことがあったので、

それを元に、アイディアを出し合い

デザインに落とし込んでいきました。

形は箱型で、

開くと上面が卓上に平に接地する形態にしました。

手前の収納部から取り出した扇を

奥側のスペースに一度置いてから使うことで

美しい所作になるのではないかという試みです。

箱は両端に配置されたマグネットにより開閉されます。

こちらも卓上で開く際にスムーズに、

美しい所作になるよう考慮しました。

この制作は特に設計が重要になります。

見た目はシンプルな形ですが、

収納部と蓋部分の関係性や

扇を固定する間仕切りなど、

設計がすべてといっても過言ではない制作です。

作り方の手順と設計を何度も繰り返し考え、

試作を重ねて出来上がりました。

納品で喜んでいただけてひと安心です☆

写真に足袋の姿はありませんが、

三本の扇の上に足袋を収納してセットで持ち歩くそうです。

舞台にお稽古に、様々な場所で活躍してくれるとうれしいです。

Comment





   

Calendar

S M T W T F S
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
27282930   
<< September 2020 >>

ハンドメイド

Archive

Mobile

qrcode

Selected Entry

Comment

Link

Profile

Search

Other

Powered

無料ブログ作成サービス JUGEM