時の経過とともに環境も変わっていくものですね。

京都で工房を立ち上げてから十年のあいだに、

通っていたバーや喫茶店、飲食店が閉店しました。

職人仲間が別の道を歩むことになったり、

春はさみしさの記憶を思い返してしまう季節でもあります。

そしてまたひとつ、大切なお店がなくなってしまいます。

来月の4月に、桔梗商店が11年の歴史に幕を下ろします。

桔梗商店は2012年から2019年までの約7年間、

革製品の相談所、Monthly Shoe Scapeを催させていただいた

鞄屋さんです。

オーナーの高谷さんは音楽の趣味も合ったし、

競馬したりフットサルしたり、ラーメン巡ったり、

仕事以外でも仲良くしていただきました。

友人としての付き合いはもちろんこれからも続く、

でも自営業仲間として

共に歩むことがなくなるのはやはりさみしいものです。

Monthly Shoe Scapeのお昼休憩に青空の下、

ビルの谷間(桔梗商店の裏スペース)で

日清焼きそばUFOを食べていたのもいい思い出だ。

今月の一枚は銀杏BOYZの「光のなかに立っていてね」です。

このレコードは当工房の五周年のときに高谷さんからお祝いでいただいたもの。

僕と高谷さんが仲良くなったのもお互い峯田和伸が好きだったから。

(ハイスタ好きだったのも大きい)

おすすめは「新訳 銀河鉄道の夜」。

峯田が書いた中で一番好きな曲かもしれない。

時の経過とともにひとり、またひとりと仲間が別の道を歩んでいく。

いつまで続けられるかなんて僕もわからないが、

求めてくれる人がいる限り、作り続けていこうと思います。

高谷さん、11年間お疲れさまでした。

そして共に歩んだ軌跡をありがとう。

Comment





   

Calendar

S M T W T F S
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031 
<< July 2020 >>

ハンドメイド

Archive

Mobile

qrcode

Selected Entry

Comment

Link

Profile

Search

Other

Powered

無料ブログ作成サービス JUGEM