今年も滋賀県立大学の生活デザイン科で講義をする機会をいただきました。

スライドにてオーダーメイドの靴や革製品を作る流れについて説明したり、

木型や道具を実際にみてもらいながら

作業工程の意味を解説しました。

昨年から始めた型入れクイズでは

一枚の革の部位や繊維方向について説明しました。

今年の実演は中底加工。

包丁ひとつで

木型の底面に合わせて中底を切りそろえていくのを見てもらいながら

作業における包丁の大切さを話しました。

最後に靴磨きの実演を。

三回生の学生さんなので、これから社会に出たときに

靴磨きが役に立つといいなぁと思います。

印南先生、助手の角さん、
今年もお世話になりましてありがとうございました。

Comment





   
この記事のトラックバックURL : トラックバック機能は終了しました。

Calendar

S M T W T F S
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031 
<< July 2020 >>

ハンドメイド

Archive

Mobile

qrcode

Selected Entry

Comment

Link

Profile

Search

Other

Powered

無料ブログ作成サービス JUGEM