年号が令和になりましたね。

箱財布の修理を受けていたので

平成の最後に合わせて財布を磨いていました。

三年半程使っていただいていた箱財布。

直さなければいけない箇所と、

これからまた長く使っていくために直すべき箇所。

それぞれしっかり修理しておきました。

これでまたしばらく大丈夫だと思います。

革製品も体調と一緒でね、

手遅れになる前にチェックして

直してあげることが大切です。

大掛かりだとバラして縫い直したり、

革製品のオペみたいなものだなぁと思います。

さて、僕が使っている箱財布も同じ色の革で

約4年半使っているので隣に並べてみました。

左側がお客様の財布で右側が僕の財布です。

どちらも違う形で味が出ていますね。

店頭に飾ってあるサンプルも

一緒に並べてみましたが、

やっぱし財布は使って味がでた革の表情がいいですね。

特にこの革は使い込んで、

定期的に磨いてあげることでより風合いがでると思います。

コバも定期的にメンテナンスしてあげると丈夫に保てます。

最後に金色のコハゼ。

これはコハゼ屋さんからいただいたものです。

金色のコハゼを財布にいれておくと金運があがるそうです。

やはり革製品は定期的にメンテナンスしてこそ

長く、味わいを持って使えます。

大切に手入れして、よい風合いに育てあげてくださいね。

Comment





   
この記事のトラックバックURL : http://blog.shoe-scape.com/trackback/300

Calendar

S M T W T F S
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   
<< July 2019 >>

ハンドメイド

Archive

Mobile

qrcode

Selected Entry

Comment

Link

Profile

Search

Other

Powered

無料ブログ作成サービス JUGEM