先日、友人にうちのアコースティックギターを改造してもらいました。

高校卒業の3月に、初めて自分で買った思い入れのあるアコギです。

ピックアップを付けてくれたので、これでエレアコとしても活躍してくれます☆

友人の本職は友禅職人なのですが、

ギターの加工やメンテナンスもかなりこだわっていて、

観ていて感心しました。

おかげで約20年間使っていたアコギがすっかりきれいになりました☆

アンプ通してもノイズ気にならへんし、

すっかり立派なエレアコです☆

ストラップ用のピンも付けてくれました。

ギターストラップも、

当時に買ったものが懐かしくて付けてみたのですが、

身に触れる側の合成皮革が少しすべってしまいます。

ギターのバランスが取りにくいので、

滑り止めに革当てを縫い付けてみました。

滑らないしちょうどいい具合にギターのポジションをキープできる気がします。

思い出のストラップをまた活かせてよかった。

というわけで友禅職人によるギター加工と、

靴職人によるストラップ加工で、

アコギが思い出そのままにパワーアップしたというお話でした(笑)

あとはもっとギターを練習せなあきませんね(汗)

笛とともに頑張ります☆

あ、もちろんちゃんと制作も進めていますのでご安心ください☆

これはフィッティングチェック用の仮履き靴です。

画像はノリを塗って、あたためてから仮底に貼るところです。

掬い縫いをかけてやることで

より木型のシルエットを再現できるので

仮履きにも掬い縫いをかけるようにしています。

Comment
管理者の承認待ちコメントです。
  • -
  • 2019/02/08 15:19
管理者の承認待ちコメントです。
  • -
  • 2019/02/08 14:25





   
この記事のトラックバックURL : http://blog.shoe-scape.com/trackback/291

Calendar

S M T W T F S
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
2425262728  
<< February 2019 >>

ハンドメイド

Archive

Mobile

qrcode

Selected Entry

Comment

Link

Profile

Search

Other

Powered

無料ブログ作成サービス JUGEM