鞄の修理事例を紹介しますね。

この手の修理は多いです。

表革と裏革が接着だけの仕様で

ミシンがかけられていないもの。

接着だけなので使っていると当然剥離してくるんですよ。

普通はミシンかけますけどね、

こういう仕様の鞄がたまにあります。

デザインでステッチを入れたくなかったのかもしれないですけど

革製品なので長く使うことを考えたうえで、

仕様やデザインを考慮してくれたらと思います。

ノリを入れてトップラインをぐるりとミシンがけ、

コバを整え直しておきました。

もうひとつは革の表面のガサガサを修理。

持ち手やトップラインなど

擦れてしまっていた箇所に栄養を入れて

コンディションを整えておきました。

手遅れになる前だったらなんとか直せるので

お気軽にご相談くださいね。

※上画像(修理前)、下画像(修理後)

※上画像(修理前)、下画像(修理後)

Comment





   
この記事のトラックバックURL : http://blog.shoe-scape.com/trackback/265

Calendar

S M T W T F S
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   
<< October 2018 >>

ハンドメイド

blogram

ブログランキングならblogram

Archive

Mobile

qrcode

Selected Entry

Comment

Link

Profile

Search

Other

Powered

無料ブログ作成サービス JUGEM