特注品の提げ物です。

提げ物は着物の帯に提げて持ち歩く入れものです。

印籠とか、昔の煙草入れとかがありますよね。

今回の制作では「箱型」と「巾着型」のご依頼をいただきました。

どちらも携帯電話と小銭入れを入れるための提げ物です。

お客様は祇園祭に深く関わられている方で、

祇園祭の際に最小限の荷物として

携帯電話と小銭入れが入る提げ物をお求めでした。

お客様のイメージを形に。

紙サンプルでの試作を重ね、

最善の制作方法・仕様を詰めていきました。

革は赤色のシボ革。

イタリアの革らしい華のある赤色ですね。

箱型も巾着も同じ革を使っています。

厚みは違いますけどね。

箱型はパリっとしっかり面が出るように、

巾着はふわっとした柔らかさと線が出るように

革の厚みと縫製を工夫しています。

 

 

 

「根付け」と「緒締め」はお客様からご用意いただいて取り付けました。

お預かりしたのは年代物の根付けと緒締め。

細部まで彫刻された仕事に根付師の誇りを感じます。

こんな粋な根付けと緒締めを提げ物に合わしてもらえたこと、

とてもうれしく思います。

この根付けにふさわしい提げ物を制作しなければと

自然に気合いが入りました。

 

さて、今回の撮影はもちろん、お客様にゆかりの深い八坂神社で。

祇園さんの本殿にお参りしてから撮影させていただきました。

祇園祭で使っていただけるときが楽しみです。

 

Comment





   
この記事のトラックバックURL : http://blog.shoe-scape.com/trackback/250

Calendar

S M T W T F S
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
<< May 2018 >>

ハンドメイド

blogram

ブログランキングならblogram

Archive

Mobile

qrcode

Selected Entry

Comment

Link

Profile

Search

Other

Powered

無料ブログ作成サービス JUGEM