vw-17
 個展を終え、一息ついていたある日、
 一通のメールが届きました。
 フォルクスワーゲン京都右京の O 様から。
 このたびフォルクスワーゲン京都右京さんで
 新型車の発表会が行われるそうで
 発表会の期間にShoe Scapeの靴を展示させて欲しい
 という依頼でした。
 とりあえずお会いしてお話を聞くことに…。
 フォルクスワーゲン京都右京さんでは
 新型車の発表会に重ねて演奏会を催すなど
 様々なユニークな企画をされています。
 先日のShoe Scapeの個展『靴人の贈る詩』
 の個展風景をブログでみて、
 今回のパサートの新型車の発表会に
 イメージを重ねたいということでした。
vw-07
 新型車の発表会まではあまり期間がなかったため、
 前回の個展で使ったパネルや靴、革小物を使って
 展示をすることにしました。
 展示会場の下見を兼ねて、フォルクスワーゲン京都右京さんで
 打ち合わせをしました。
 どのスペースでどのようなイメージで展示するか、
 展示材料と展示空間、展示におけるコンセプトを
 話し合い、企画していきました。
vw-06
 3つの層に分かれたスペースを用意しました。
 下層は靴作りの作業工程を説明したイラストパネル、
 中層はShoe Scapeの靴と作品の説明を。
 そして上層に
 Shoe Scape × Volkswagen Kyotoukyo の企画展示。
vw-03
 草原に続く一本の田舎道があります。
 その一筋の道を、フォルクスワーゲンの車が走ります。
 Shoe Scapeの靴が走ります。
 Shoe Scapeの革小物とVolkswagenのアイテムで
 田舎道の風景を創ってみました。
vw-16
vw-15
 Shoe Scapeの名刺ケース【Gama】と
 Volkswagenのゴルフボール。
vw-08
 Shoe Scapeの靴べらキーホルダー【Nasu】と
 Volkswagenのビートルのミニチュア。
vw-10
 Shoe Scapeのぶれすれっと【Tsuru】と
 Volkswagenの作業着を着たくま、そしてキーホルダー。
 ミニチュア靴も並べてみました…。
vw-09
vw-11
 靴と車、一見全く関係のないものに思えるかもしれません。
 でもね、靴と車って僕は意外と似てると思うんです。
 新しい靴を履いたときってこころがうきうきしませんか?
 新しい車を運転するときってときめきませんか?
 新しい靴を履いて、新しい車を運転して、
 これからどんな土地に足を運んで、
 どんな景色をみるんだろう。
 その靴、車と共に、たくさんの思い出をつくるんだろうなって。
 
 だからShoe Scapeの靴のパネルを景色に見立てて、
 Shoe Scape × Volkswagen Kyotoukyoで
 ロードムービーのような風景を創り、
 靴と車の世界を
 ちょっと変わったコラボレーション企画を
 お客様に楽しんでいただこうと思いました。
vw-13
vw-14
 今回のフォルクスワーゲン京都右京さんとの企画展示は
 企画をする中で、とても楽しい時間となりました。
 担当の O 様はとてもクリエイティブな思考をお持ちの方で
 企画案を出すと話が弾み、
 共にイメージを膨らましていくことができました。
 二人が頭の中に絵を描いて、
 お互いが目指すイメージに向かって
 展示空間を創っていけたと思います。
 展示会前日、荷物を搬入して、
 「とにかく私達が楽しんで展示を創ろう。
 そうすればきっとお客さんも楽しんでくれる。」
 という思いを合い言葉に、
 展示空間を創っていきました。
 私達は存分に楽しみましたよ(笑)
vw-05
 フォルクスワーゲンの車はディティールにも
 こだわりや遊び心の効いたデザインが…。
vw-04
 LEDライトを搭載したヘッドライト。
vw-02
 フォルクスワーゲンのマークから放たれるスポットライト。
vw-01
 最後にちょっと、うれしかった話を。
 搬入日、
 展示空間も創り終え、さあ帰ろうと思ったとき。
 O 様に誘導されお店を出ると、
 パサートの新型車が止まっていました。
 このパサートの新型車は京都の町を走るのが初めてらしく、
 その新型車の京都デビューで
 私を自宅まで送ってくださるというのです。
 車のことは私は詳しくわからないのですが、
 【パサート セダン ハイライン】というモデルで
 足元にゆとりを感じる助手席、
 ぬくもりと落ち着きを感じさせるウッドパネル、
 統一された色使いに
 やはりいい車は違うものだなぁと感じました。
 なによりも O 様のこの粋なはからいに感動しました。

 O 様、このたびは企画展示の依頼をいただきまして
 ありがとうございました。
 O 様と企画をすることができて
 とても充実した時間になったと思っています。
 機会がありましたら、また共に新たなわくわくする企画を
 創れる日を楽しみにしています。

 Shoe Scapeは靴というアイテムの可能性を模索し、
 これからもなにかおもしろい企画がありましたら
 その可能性に挑戦していこうと思いますので、
 今後ともどうぞよろしくお願いいたします。

Comment





   
この記事のトラックバックURL : トラックバック機能は終了しました。

Calendar

S M T W T F S
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930  
<< April 2020 >>

ハンドメイド

Archive

Mobile

qrcode

Selected Entry

Comment

Link

Profile

Search

Other

Powered

無料ブログ作成サービス JUGEM