先日、友人にうちのアコースティックギターを改造してもらいました。

高校卒業の3月に、初めて自分で買った思い入れのあるアコギです。

ピックアップを付けてくれたので、これでエレアコとしても活躍してくれます☆

友人の本職は友禅職人なのですが、

ギターの加工やメンテナンスもかなりこだわっていて、

観ていて感心しました。

おかげで約20年間使っていたアコギがすっかりきれいになりました☆

アンプ通してもノイズ気にならへんし、

すっかり立派なエレアコです☆

ストラップ用のピンも付けてくれました。

ギターストラップも、

当時に買ったものが懐かしくて付けてみたのですが、

身に触れる側の合成皮革が少しすべってしまいます。

ギターのバランスが取りにくいので、

滑り止めに革当てを縫い付けてみました。

滑らないしちょうどいい具合にギターのポジションをキープできる気がします。

思い出のストラップをまた活かせてよかった。

というわけで友禅職人によるギター加工と、

靴職人によるストラップ加工で、

アコギが思い出そのままにパワーアップしたというお話でした(笑)

あとはもっとギターを練習せなあきませんね(汗)

笛とともに頑張ります☆

あ、もちろんちゃんと制作も進めていますのでご安心ください☆

これはフィッティングチェック用の仮履き靴です。

画像はノリを塗って、あたためてから仮底に貼るところです。

掬い縫いをかけてやることで

より木型のシルエットを再現できるので

仮履きにも掬い縫いをかけるようにしています。

今年の京都の紅葉、綺麗でしたよ。

今年は仁和寺より。

五大明王の壁画とともに観てきました☆

包丁研ぎについて。

僕らの仕事は包丁がとても大切です。

靴作りの底付けにおいては特に。

革小物用の革と違って

分厚く堅い底材を包丁ひとつで切りまわしていかなければならないので

なおさらですね。

包丁の切れが作業効率、仕事の仕上がりに大きく影響してきます。

底付けの最初の仕事は包丁研ぎだと僕は思っています。

靴を作り始めたときに買った包丁、

独立の際にいただいた包丁、

ナイフタイプや幅の違う種類など

いろいろ思い入れのある包丁がありますが、

すべてしっかり研いでおくことで

気持ちの良い仕事につながります。

 

祇園祭が始まりましたね☆

今年も演奏します!

 

15日(日) 宵宮祭 18時〜20時45分頃まで

八坂神社石段下 漢字ミュージアム前ステージにて

※19時30分頃からと20時30分頃からの2回演奏

八坂神社石段下から南座まで往復、四条通り練り歩き

※18時頃から随時

 

16日(月) 龍池ゆかた祭 18時〜19時頃まで

烏丸御池 マンガミュージアムにて

※18時10分から練り歩き

押小路室町から御池通を経由してマンガミュージアムまで

※18時40分から19時頃までステージ演奏

 

24日(火) 還幸祭 18時頃

三条会商店街のSEIYUの斜め向かいあたり

※神輿のお迎えと神輿が出発するまでの間演奏

 

28日(土) 神輿洗い提灯行列 21時頃

八坂神社から祇園町を提灯とともに練り歩き

 

タイミングが合えばぜひ遊びにいらしてくださいね。

 

 

 

 

 

今年もこの季節がやってきましたね。

5月9日(水)に観亀神社の宵宮祭があります。

芸妓さん、舞妓さんの提灯行列と共に祇園東界隈を練り歩きます。

神社前の特設ビアカウンターでは

芸舞妓さんとビールやソフトドリンクを楽しめますし、

ゲームコーナーやお茶席もありますのでぜひ遊びにいらしてくださいね。

詳しくはこちらから

宵宮祭は18時30分から22時まで。

提灯行列と練り歩きは2回、

18時45分からと20時からだと思います。

今年も笛吹いているので見かけたらお声かけください☆


Calendar

S M T W T F S
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31      
<< March 2019 >>

ハンドメイド

Archive

Mobile

qrcode

Selected Entry

Comment

Link

Profile

Search

Other

Powered

無料ブログ作成サービス JUGEM