爪革を求めて、大阪からご来店いただきました。

爪革は雨の日に下駄の先につける

「雨除け」です。

エナメル革を使ったものかビニールのものが多いですが、

うちの工房には防水加工された革があるので

革の自然な風合いを生かしたままの爪革を制作できます。

和装をする機会が少なくなった今では

雨の日に日和下駄を履く姿も、爪革も、

あまり見かけることがないですね。

日本の履物文化を残していく意味でも

こうして爪革の制作に携われることを

大切にしていきたいと思います。

ご依頼いただいていました扇箱の別色を、先日無事納品しました。

前に作ったのは紺色でしたけど

えんじ色もいいですね。

15、17日と祇園祭でどたばたしていましたが、

24日の還幸祭まですこし落ち着くので

またひとつひとつ仕事進めていきます!

そして蒸し暑い京都の夏がそこまでやってきた…。

暑さが怖いぞ!

先日納品したキーケース【key room】の

色の組み合わせが気に入ったので紹介します☆

黄色と緑色!

ブラジル代表みたいで個人的には好きな配色です。

サッカーやってた人には共感してもらえるかもね?

鍵を入れると写真みたいになります。

さて、今日は祇園祭で演奏!

気合い入れて吹いてきます!

しばらく雨が続きそうですね。

夏を迎えるために梅雨はしょうがないですけど、

祇園祭の頃は雨降らないでほしいですね…。

さて、ただいま大物の制作中です。

何を作っているかはまだ話せませんが、

やりがいのあるおもしろい仕事ですよ☆

設計したり絵描いたり、

楽しんでいますが

仕事なのでもちろん重圧もしっかり感じています(笑)

令和最初の…木型です。

木型の制作は楽しいけど辛いですね。

もちろん粉まみれになるし、なにより数値と闘いなんですよ。

1ミリがなかなか落ちないときのあのしんどさ…(笑)

でも制作していく中でつじつまが合って、
採寸した数値と骨格に沿った木型ができあがる瞬間は気持ちいいものです。
ようやくできたという安心感の方が強いかな(笑)
仮履きのフィッティングが終わるまでは
まだまだ安心できないですけどね。
とにかく木型ができあがると
一息ついて、次の作業に進めます。


Calendar

S M T W T F S
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
<< October 2019 >>

ハンドメイド

Archive

Mobile

qrcode

Selected Entry

Comment

Link

Profile

Search

Other

Powered

無料ブログ作成サービス JUGEM