令和最初の…木型です。

木型の制作は楽しいけど辛いですね。

もちろん粉まみれになるし、なにより数値と闘いなんですよ。

1ミリがなかなか落ちないときのあのしんどさ…(笑)

でも制作していく中でつじつまが合って、
採寸した数値と骨格に沿った木型ができあがる瞬間は気持ちいいものです。
ようやくできたという安心感の方が強いかな(笑)
仮履きのフィッティングが終わるまでは
まだまだ安心できないですけどね。
とにかく木型ができあがると
一息ついて、次の作業に進めます。

年号が令和になりましたね。

箱財布の修理を受けていたので

平成の最後に合わせて財布を磨いていました。

三年半程使っていただいていた箱財布。

直さなければいけない箇所と、

これからまた長く使っていくために直すべき箇所。

それぞれしっかり修理しておきました。

これでまたしばらく大丈夫だと思います。

革製品も体調と一緒でね、

手遅れになる前にチェックして

直してあげることが大切です。

大掛かりだとバラして縫い直したり、

革製品のオペみたいなものだなぁと思います。

さて、僕が使っている箱財布も同じ色の革で

約4年半使っているので隣に並べてみました。

左側がお客様の財布で右側が僕の財布です。

どちらも違う形で味が出ていますね。

店頭に飾ってあるサンプルも

一緒に並べてみましたが、

やっぱし財布は使って味がでた革の表情がいいですね。

特にこの革は使い込んで、

定期的に磨いてあげることでより風合いがでると思います。

コバも定期的にメンテナンスしてあげると丈夫に保てます。

最後に金色のコハゼ。

これはコハゼ屋さんからいただいたものです。

金色のコハゼを財布にいれておくと金運があがるそうです。

やはり革製品は定期的にメンテナンスしてこそ

長く、味わいを持って使えます。

大切に手入れして、よい風合いに育てあげてくださいね。

今回の特注品はオーダーメイドの靴です。

デザインは京都靴八景の夏の靴、

「羽織」を選んでいただきました。

当工房のホームページを見て、

この羽織のデザインをお求めいただけたということで

とてもうれしく思います。

既製品の靴だと

小指の付根と外くるぶしが当たりやすいということで

お客様の骨格を反映し、

木型を制作していきました。

色の組み合わせによっても靴の印象は変わるものです。

今回は黒色の革に、

少し模様の入った黒の真田紐を選ぶことでアクセントを加え、

全体的にはシックな装いにまとめました。

底は革底を前半張りに、

踵をビブラムの化粧にしました。

スリッポン(紐無しタイプの短靴の総称)の場合、

軽くて屈曲性の高い革底の仕様が歩きやすいので、

革底に一枚分だけビブラム製のゴムを張り滑り止めにしています。

桜の季節なので、

今回の撮影は京都市内を移動して桜を中心に撮ってきました。

お客様は京都出身で、

お仕事では日本各地、いろいろなところを回られるそうですが、

やはり京都がお好きだということです。

生まれ育った場所っていうのは特別な思い入れがあるものですよね。

京都で過ごす時間を、

この靴とともに歩んでいただけたらうれしく思います。

【釣狐】の披きにおけるお返しの記念として

特注品の扇箱をご依頼いただきました。

【釣狐】は狂言においてとても大きな演目です。

「猿に始まり、狐に終わる」といいますが、

狂言師にとって【釣狐】は卒業論文ともいわれる演目だそうです。

その記念すべき御披きに関わらせていただいたことを

とても光栄に思います。

御披きには扇を制作することが多いそうですが、

扇箱を革で制作できないかとご相談いただきました。

二本の扇を収納できて、間仕切りのある扇箱。

形こそシンプルではありますが、

細かい仕様にこだわりが詰まっています。

Shoe Scapeのロゴと、

記念すべき【釣狐】の披きの日程を刻印しています。

のし紙で名前が出てしまっているのでお話しますが、

今回ご依頼いただきました島田さんとはもう長い付き合いになります。

仲良しなので、島田様ではなく

いつも呼んでいる通り、

島田さんで書かせていただきますね。

独立当初、靴のオーダーをくださったのも島田さんでした。

狂言を観るきっかけとなったのも島田さん。

その後フットサルをしたり卓球したり、

とにかくよく飲み、よく笑い、

おかげで賑やかな思い出をいただいてきました。

扇箱を納品したのも馴染みのお店で飲みながら。

3月10日の【釣狐】、もちろん観てきましたよ。

この日に懸けてきた思いを感じることができる熱演だったと思います。

島田さん、【釣狐】の披き、おめでとうございます。

これからも狂言師として、僕らに「笑い」を届けてくださいね。

新たな材料で箱財布のオーダーをいただきました。

昨年、イタリアンレストランのメニューブックを制作したときに使った革です。

この革はイタリアの革で、発色がとてもイタリアらしくていいですね。

青緑に近い色合いで、革の表面がうっすらと起毛されています。

品がありながらもカジュアルさを感じるので

個人的には女性の方に特におすすめの革ですかね。

油分を含んでいる革なので、使うごとにこすれて艶が出てくるので

経年変化も楽しめる革です。

数年後、どんな表情になっているか楽しみです☆

作る側としては

ヌバックは接着材のはみ出しも許されないので、

なかなかに作業に緊張感があって大変です(笑)

箱財布について詳しくはこちらから


Calendar

S M T W T F S
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031 
<< May 2019 >>

ハンドメイド

Archive

Mobile

qrcode

Selected Entry

Comment

Link

Profile

Search

Other

Powered

無料ブログ作成サービス JUGEM