特注品の提げ物です。

提げ物は着物の帯に提げて持ち歩く入れものです。

印籠とか、昔の煙草入れとかがありますよね。

今回の制作では「箱型」と「巾着型」のご依頼をいただきました。

どちらも携帯電話と小銭入れを入れるための提げ物です。

お客様は祇園祭に深く関わられている方で、

祇園祭の際に最小限の荷物として

携帯電話と小銭入れが入る提げ物をお求めでした。

お客様のイメージを形に。

紙サンプルでの試作を重ね、

最善の制作方法・仕様を詰めていきました。

革は赤色のシボ革。

イタリアの革らしい華のある赤色ですね。

箱型も巾着も同じ革を使っています。

厚みは違いますけどね。

箱型はパリっとしっかり面が出るように、

巾着はふわっとした柔らかさと線が出るように

革の厚みと縫製を工夫しています。

 

 

 

「根付け」と「緒締め」はお客様からご用意いただいて取り付けました。

お預かりしたのは年代物の根付けと緒締め。

細部まで彫刻された仕事に根付師の誇りを感じます。

こんな粋な根付けと緒締めを提げ物に合わしてもらえたこと、

とてもうれしく思います。

この根付けにふさわしい提げ物を制作しなければと

自然に気合いが入りました。

 

さて、今回の撮影はもちろん、お客様にゆかりの深い八坂神社で。

祇園さんの本殿にお参りしてから撮影させていただきました。

祇園祭で使っていただけるときが楽しみです。

 

新年明けましておめでとうございます。

さて、毎年恒例の「今年の一枚」です。

年明け早々、どんな一枚に出会えるか、

おみくじ感覚で京都のレコード屋を巡ります。

今年は1月4日に、

新年会の前に行ったのであまりゆっくりできませんでしたが

いい一枚に巡り会えました。

レコード屋は「ART ROCK No1」。

ここはオープン当初から行っています。

でもこのところ行けてなかったので久しぶりかな。

このレコード屋さん、

建築のときの先輩が設計した内装なんですよ。

先輩元気にしてはるかなぁ?

さて、今年の一枚はエリック・ドルフィーの「Out There」です。

この作品はドルフィーのリーダー作では第2作目となります。

ピアノ無しの編成で、

代わりにロン・カーターがチェロで参加しています。

このロン・カーターのチェロがすごく効いている。

「Where?」でもドルフィーとロン・カーターは演ってるんですけど

個人的にはこの「Out There」での共演の方が好きかな。

この作品でドルフィーは

アルトサックス、バスクラ、フルート、B♭クラリネット

の4つの楽器を演奏しています。

sideBに収録されている

「17 West」「Sketch Of Melba」での

ドルフィーのフルートが特に素晴らしい。

「Feather」でのアルトも力強く、染みる音だ。

個人的にはsideBがおすすめかな☆

 

さて、2018年、今年の一枚でした。

今年も大好きな音楽を用意して、

工房でお待ちしていますね。

2018年もどうぞよろしくお願い致します。

 

Shoe Scape 萩原

12月のMonthly Shoe Scapeも無事終りました。

有馬記念も終ったしね。

キタサンブラックの有終の美にはしびれました。

キタサンブラックにクイーンズリング、

引退のラストレースとなる2頭が

ワンツーフィニッシュっていうのが

いい締めくくりでしたね。

有馬記念終ると今年もあと一週間ですよ。

今年中に終わらせないといけない制作に追われながら

最後の一週間を頑張っていこうと思います!

Monthly Shoe Scapeは月に一度、

桔梗商店さんで催している「革製品の出張相談所」です。

革製品のお手入れや修理、

ふと感じる分からないことなど

気軽に相談にいらしてくださいね。

さて、今月の一枚はジョン・コルトレーンの「THE INNER MAN」です。

今年最後の今月の一枚ですからね、

大好きなコルトレーンの作品の中でもお気に入りの一枚です。

1962年の収録で、

ゴールデンカルテットのメンバーにドルフィーを加えたメンバーです。

1曲目の「MY FAVORITE THINGS」に

ドルフィーがフルートで参加しているのですが、

これがまた素晴らしい!

コルトレーンとドルフィーがともに

のびのびと演奏していて心地よい。

コルトレーンが演奏している「MY FAVORITE THINGS」の中でも

聴きやすいほうで、特におすすめです。

この作品で必聴は「MR.P.C」ですね。

コルトレーンのソロが終る前に、

乱入してくるかのように

ドルフィーのソロへと移っていきますが、

このソロがすごいんですよ。

圧倒されました。

とにかくぜひ聴いてみてください!

来月の一枚もお楽しみに☆

 

Next Monthly Shoe Scape !!

→【Monthly Shoe Scape 2018.1.27】11:00〜18:00

【場所】桔梗商店

〒604-8082 京都市中京区弁慶石町59-1

木型は大変です。

しんどいのはなかなか数値にたどり着かないとき。

もちろん自分なりの方程式があって、

その作業を繰り返しながら採寸した数値に近づけていきます。

昔に比べて引き出しが多くなってるから

どこをどういじれば目標の形に近づくのか分かるので

昔やったあの人の足に近いからこうだなあとか

骨格的にこうだよなぁとか考えながら削ります。

大変な分おもしろいけどね。

大変。でもおもしろい。

大変、おもしろい。大変、おもしろい…の繰り返し。

木型は奥が深い。

やりがいのある仕事であることは間違いない。

さあ、これから型紙です。

しばらく工事中でご迷惑をおかけしました。

11月半ばから直していた外壁の修理が完了しました☆

土壁をきれいに仕上げてくださった左官屋さん、

そして外灯や作業場の照明を使いやすいように工事してくれた大工さん、

ありがとうございます!

やっぱし壁を塗り直すといい表情になりますね。

左官屋さんと大工さんの仕事を見ていると

同じ職人としていい刺激をもらえます。

作業環境も良くなったので、

これから年末に向かってばりばり制作していきます☆


Calendar

S M T W T F S
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   
<< January 2018 >>

ハンドメイド

blogram

ブログランキングならblogram

Archive

Mobile

qrcode

Selected Entry

Comment

Link

Profile

Search

Other

Powered

無料ブログ作成サービス JUGEM