オールソール、つまり靴底交換の修理です。

工房を立ち上げた当初に制作した靴なので

10年間、履いていただいた靴です。

これまで部分的に修理を重ねてきましたが、

今回は革底が完全にすり減っていたので底交換です。

土台までバラしてみると、

すくい縫いは10年経っても

まだまだ頑丈に締まっていました。

ウエルトという靴の土台となるパーツを縫い付ける

「すくい縫い」は靴を長く持たせる生命線になります。

すくい縫いは特に大切だからしっかり締めろ

と師匠からよく言われていたことを思い出します。

10年前と今とでは中物(クッション)の入れ方にしても

それぞれの作業の仕方を少しずつ変えているものですね。

シャンク(靴の背骨)をセッティングし直して、

中物のコルクを入れ直しました。

新しい革底を貼り、縫い直して、

もちろん踵も新しく積み上げました。

これで靴底はまた新品同様です。

アッパーが痛まない限り、

底を修理して長く使えるのも手製靴の魅力のひとつですね。

珍しい修理がありましたので紹介です。

今回はソファーの修理です。

革張りソファーの座面の縫い目が割れてきているのを

なんとか直せないだろうかという依頼でした。

状態をみてみると3箇所、糸が擦り切れて割れていました。

元の糸に綿糸が使われていたので長く使ううちに擦り切れたのでしょうね。

今回の修理では綿糸より耐久性の高い糸を使って

割れている箇所をしっかり縫い直しました。

また今回直した箇所以外の部分が割れてくるのを防ぐために、

補強をいれて落としミシンをかけています。

これでまたしばらく使えますね。

こういったファスナー式カバーになっている革張りソファーは

修理ができるのでいいですね。

今回の特注品はラグビーバッグ(ポーチ)です。

昨年、ショルダータイプとハンドバッグのラグビーバッグを制作しましたが、

今年はポーチタイプをご依頼いただきました。

昨年のラグビーバッグは個人的にすごくやりがいを感じた制作だったので

新型モデルの依頼にも気合いが入りました。

今回お預かりしたのは

前回のセプターのモデル1000より少し小さいラグビーボールです。

ラグビーボールとして実際に使われていた本革製です。

セプター1000は昔ながらのラグビーボールらしい

しっかりした革ですが、

今回のラグビーボールは革の風合いも柔らかく、

ポーチタイプには最適です。

このラグビーボールは中央のからげ紐が革ひもでなかったので、

持ち手などと同じ革で新調しました。

持ち手の長さもちょうど拳が収まるくらいに

バランスをとって設計しています。

革の色とファスナー生地はボールより色調をすこし落として

シックに仕上げています。

こちらのお客様からいただく依頼はいつも面白いので、

作り手として毎回楽しんで制作しています。

もうすっかりラグビーボールの加工にも慣れました(笑)

このラグビーシリーズはボールによって使われていた状態が異なるので

それぞれのボールが持つ魅力も変わってきます。

できあがったラグビーバッグは決して同じものにはならず

独自のオーラを放ってくれるところにやりがいを感じています。

三種類のラグビーバッグ、コロナが落ち着いたら、

お出かけで活躍してくれるのを楽しみにしています。

過ごしやすい気候になってきましたね。

日差しがやさしくなってきて

もう秋が近づいているのを感じます。

11月6〜8日に十周年の展示会を開催する予定でした。

ぎりぎりまで様子をみましたが、

コロナウイルスが収まる気配がないため、

展示会の日程を延期することにしました。

十周年という節目の年だったので、

今年にやりたいという思いはもちろんありました。

でも観る側も僕自身も

いまはまだ安心して楽しむことができないのが現状だと思います。

また皆が安心して楽しめる日が来るまで

展示会を延期にすることにしました。

「遅れてきた十周年」と題すればいいのか、

延期の日程もまだ先のことはわかりませんが、

いつの日か必ず開催したいと思っていますので

それまで楽しみに待っていてくださいね。

今月の一枚はセロニアス・モンクの

「thelonious monk quartet with john coltrane at carnegie hall」です。

2005年に偶然発見された音源でタイトルの通り、

モンクとコルトレーンのカーネギーホールでの共演です。

1957年、マイルスグループをクビになった失意のコルトレーンを

モンクがカルテットに誘います。

モンクの元で希望を取り戻していくコルトレーンの音と

暖かく受け止めるモンクの音が個人的には聴きどころです。

ジャケットのデザインもシンプルでいいですよね。

来月の一枚もお楽しみに☆

今回の特注品は「扇入れ」です。

狂言師の茂山忠三郎様からご依頼いただきました。

三本の扇を収納できるケースを制作したいということでした。

以前、二本の扇を入れる扇箱を制作したことがあったので、

それを元に、アイディアを出し合い

デザインに落とし込んでいきました。

形は箱型で、

開くと上面が卓上に平に接地する形態にしました。

手前の収納部から取り出した扇を

奥側のスペースに一度置いてから使うことで

美しい所作になるのではないかという試みです。

箱は両端に配置されたマグネットにより開閉されます。

こちらも卓上で開く際にスムーズに、

美しい所作になるよう考慮しました。

この制作は特に設計が重要になります。

見た目はシンプルな形ですが、

収納部と蓋部分の関係性や

扇を固定する間仕切りなど、

設計がすべてといっても過言ではない制作です。

作り方の手順と設計を何度も繰り返し考え、

試作を重ねて出来上がりました。

納品で喜んでいただけてひと安心です☆

写真に足袋の姿はありませんが、

三本の扇の上に足袋を収納してセットで持ち歩くそうです。

舞台にお稽古に、様々な場所で活躍してくれるとうれしいです。


Calendar

S M T W T F S
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031
<< October 2020 >>

ハンドメイド

Archive

Mobile

qrcode

Selected Entry

Comment

Link

Profile

Search

Other

Powered

無料ブログ作成サービス JUGEM